東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

清明(せいめい)

2009年04月06日 店長のプライベート


──── 八王子で印鑑を作り続けて100年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

昨日、4月5日(日)は二十四節気のうちの清明(せいめい)でした。
「はてなキーワード」で調べてみると、次のように出ていました。
《桜など草木の花が咲き始め、万物に清朗の気が溢れて来る頃。毎年4月5日頃。
天文学的には、天球上の黄経15度の点を太陽が通過する瞬間。》

1年に24の節目がある中で、この清明の頃は“清朗の気”が溢れて気持ちのよい時季です。

朝の6時過ぎから1時間余り、八王子の小宮公園と周辺を散策しました。
黄色の連翹(れんぎょう)の花が咲いていました。この小宮公園は私の好きな散歩道のひとつで、
最近は毎週日曜日といえば、朝ごはん前に散策しています。

勝手に八王子の清里、尾瀬などと名付けて風景を楽しんでいます。


▲木製の机とベンチもありハイキングの休憩にもよい。



▲湿地帯の上に木の橋(渡り廊下のような感じ)が張り巡らされている。

東京都立 小宮公園のホームページです。
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index047.html



楽善堂のホームページ
http://rakuzendo.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。