東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

5年に1度の国勢調査

2010年06月04日 徒然(つれづれ)なるままに・・・

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

今日はカラッとした陽気です。気温は店の温度計で室内26度ありますが、湿度は60%程です。暑いくらいの温度でも爽やかな気分でいられます。

今年は5年に1度の国勢調査の年で、9月23日〜10月7日まで調査票の配布と回収が行われます。店のある場所、南町の町会長を4月に受けたため、八王子市役所から国勢調査の調査員を推薦してほしいという依頼の文書が来て、国勢調査のことを早く知ることができました。

南町の町会の場合、8調査区があり、2つの調査区を1人が担当するので、4人の調査員を推薦することになります。前回の経験者の方なども調べながら、先週4名の調査員を決めることができました。調査員の推薦書の提出締め切りは6月の15日です。

国勢調査、市役所からの文書によると、「結果は、議員定数や選挙区の決定、地方交付税交付金の算定を始め、国および地方公共団体の各種行財政施策の基礎資料として利用される。」と書いてありました。私は中学生くらいから存在くらいは知っていましたが、詳しくは意識もしませんでした。

調査員は「総務大臣が任命する非常勤の国家公務員」という身分です。ご苦労をお掛けしますが、市のため、国のため動いていただければと思います。


▲近くて見掛けた紫陽花の花です。写真と本文は関係がありません。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。