東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ



透明ビニールシートを店内に

2020年04月14日 お知らせ

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

緊急事態宣言が出されてから1週間になりました。翌日、当店のホームページのトップページでは「送料を実費でご自宅までお送りします。」と記載しました。

個人のお客様は少なくなりましたが、会社関係のお客様は普段通りに、主にゴム印を中心に取りにお見えになります。コンビニのレジカウンターにヒントを得て、当店の接客カウンターに3枚、透明ビニールシートを本日、設置しました。

★狭い店内なので、1時間に1回、窓を開けて空気の入替えをしております。
★お客様のお見えの時は、窓を少し開けて換気をします。

お客様とお話しする時は、このビニールシートの向かって話すように致します。また他方では、ご来店下さらなくても、個人の印鑑(実印・銀行印など)は、電話でのご相談でご注文をお受けするようにしました。仕上がった時の発送は商品価格の合計が5000円以上ならば、送料は無料です。

接客の時はこのビニールシートに向かって話します。商品のお渡し時は1分内で終わりますが、ご注文をお受けする場合、10分以上かかることが多々あります。。
狭い店内にビニールシートを3枚、つるしました。
1日も早くこのシートを取り外す日が来ることを願っております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。